もりむら内科|Morimura Clinic

お知らせ

2018-2019インフルエンザワクチン予防接種について

《現時点でワクチン入荷が少ないため、予約は一時中断させていただいております》

可能になりましたら当ページにてご案内します。

======================================

インフルエンザワクチン予防接種の予約を承っております。

10月1日からインフルエンザワクチン予防接種助成が始まりましたが、

当院では10月15日より予約患者さまの接種を開始いたしました。

ワクチンの準備の関係もございますので来院もしくはお電話にて、必ず「予約」をお願い致します。

  • 電話番号 0270-75-6201 (わになれ なごむふれあい)

 

 

任意接種用予診票ダウンロード↓↓↓

 

 

今年のワクチンについての情報をお知らせいたします。

[2018-2019シーズンのインフルエンザワクチン製造株]

本年度のワクチンは、昨年同様 4種類のウィルス株への対応となっております。

  • A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
    いわゆる新型インフル(現在は新型とは呼びません)昨年同様
  • A/Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
    季節性A型(いわゆるA香港型)こちらが昨年と違う
  • B/プーケット/3073/2013(山形系統)  季節性B型 昨年同様
  • B/Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統) 季節性B型 昨年と違う

国立感染症研究所 2018-2019インフルエンザワクチン株

2018/2019シーズンのインフルエンザワクチンの供給について

厚生労働省が今年度のワクチン製造量に関して、接種シーズンの開始時期である10月当初は例年並みの約1千万本の供給を見込んでいると発表。在庫が安定するまでは通院中の患者さま中心の予約とさせていただきます。

詳細に関しましてはお問い合わせください。

防腐剤フリーのワクチンは今年は製造されません。

65歳以上の方に関しましては、補助金があります。伊勢崎市の方は、これまで通り個人負担1000円で接種可能です。市によって料金が変わります。送付された用紙をご確認ください。

 

 

【接種対象】

  • 当院は内科ですので、基本的には10歳以上の方を対象とさせていただきます。
    (母子手帳の記入が必要の方は持参して下さい)
    小さなお子様はなるべく小児科にてご相談ください。
    妊娠中の方も産婦人科でご相談下さい。
  • 通院中の患者さまのご家族の方は相談に応じます。
    (インフルエンザワクチン接種歴があり、副反応の既往のないお子様など)
  • 群馬県内在住の65歳以上の方や公費助成のある方は送付された予診票をお持ちいただければ、
    伊勢崎市の場合個人負担1000円(市町村により異なります)にて接種可能です。
    助成実施期間は2018年10月1日から2017年12月28日(金)(伊勢崎市の場合)までとなっております。
    この期間を過ぎますと全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 当院通院中の患者さまは外来予約日に接種可能ですが感染予防を考慮し時間を限定して行います。
    在庫の関係も有り必ず予約をお願いします。

 

【接種時期】

  • インフルエンザの流行と抗体の持続性を考えますと10月後半以降の接種が望ましいと思います。
    2週間ほどで効き始め、約5ヶ月間持続するとされております。
  • 当院では10月15日から接種を開始致します。
  • ワクチンがなくなり次第終了となります。今年は昨年同様の流通が予想されます。
  • ご心配な方は早めのご予約をお願い致します。

当院では、予防接種予約人数に応じて、今後使用する予定のワクチンを医薬品会社に分割して注文、納入されるようにしております。多くの医療機関が一斉に注文すると見かけ上流通不足になる恐れがあり、国のインフルエンザ政策に協力する目的でもあります。使用本数を把握するためにも可能な限りご予約をお願い致します。

 

【接種の時間帯】

  • 接種時間に関しましては接種後30分の観察期間が必要ですので、
    診療時間内 午前中は12時まで、平日午後は5時まで、土曜日午後は4時までに来院をお願い致します。
    ワクチンの準備の関係もございますので来院もしくはお電話にて、必ず「予約」をお願い致します。
  • ワクチン接種は元気な方に行いますので、待機時間を考慮し風邪の患者さまの受診と時間をずらして
    平日14:30-15:00の間の予約をお勧めしております。
    時間を短縮するため、必ず予診票の記載を済ませてご持参下さい。
  • 一般診療の時間帯での接種となる場合は、状況によりお待ちいただくこともあります。
  • 土曜日の午前中は診察予約が混み合っておりますのでワクチン接種のみの予約は承っておりません。

 

【接種回数】本年度はワクチン流通を維持するため1回の注射が推奨されております。

  • 12歳以下のお子さまは、なるべく2回接種を受けて下さい。
  • 13歳以上の方は、原則1回注射となります。ワクチン流通に御協力下さい。
  • 受験生とそのご家族の方に関しましても原則1回となります。
    流通が安定しましたら、ご希望により2回接種可能となるかもしれません。

 

【接種間隔】

  • 1回目と2回目の接種間隔は、2週間以上あけてください。
    4週間前後が最良です。6週間程度まであいてもかまいません。
  • インフルエンザワクチン接種後に他のワクチンを接種する場合には、1週間あけてください。
  • 他のワクチン接種後にインフルエンザワクチンの接種をご希望の方は、電話でご相談下さい。
  • 風しんや麻しんなどの生ワクチン接種後は、4週間以上あける必要があります。
    肺炎球菌などの不活化ワクチンは1週間以上あければ可能です。インフルエンザも不活化ワクチンです。

 

詳細につきましてはお電話にてお問い合わせください。

 

インフルエンザ予防接種についての疑問点、FAQ

 

♥♥♥ご相談下さい♥♥♥

以下のような方は、あらかじめご相談下さい。

  • 【最近けいれんが起きた】
  • 【最近他の予防接種を受けた】
  • 【体調不良】
  • 【内服薬を飲んでいる/他の病院に通院中】 予め主治医にご相談ください
  • 【卵や鶏肉のアレルギーがある】(現在日常的に卵を摂取している方は大丈夫です)
  • 【妊娠中です】

「インフルエンザワクチンの予防接種について」をよく読んで、同意の上、

予診票をご記入してご持参いただけるとスムースに接種することが出来ます。

 

任意接種用予診票ダウンロード↓↓↓

 

※ 65歳以上の方、公費助成のある方は 送付された予診票” にご記入の上持参して下さい。
※ 領収書が必要な方は当日お申し付けください。(後日の発行はいたしかねます。)

【妊娠中の方について】 一度 通院中の産婦人科でご相談下さい。

  • インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、毒性のないワクチンです。ですから妊娠中に予防接種をしても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされ妊婦さんが希望する場合は予防接種をしても良いことになっています。妊娠中の人や授乳中の人へ
  • 妊婦さんだけでなく、小児などどなたでも接種いただけます。
  • チメロサールは妊婦にも小児にも問題がないとされています
    防腐剤がないタイプは本年度は製造されないとのことです。
  • 詳しくは厚生労働省のページをご覧ください。
カテゴリー: news 2018.10.11

問診票をプリントして持ってきて頂くと、診察の時間を短縮することができます。

一般内科用 糖尿病用
スマホで閲覧されている方へ
ページ先頭へ
© MORIMURA CLINIC.