もりむら内科もりむら内科

お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

新型コロナウィルス対応

 

現在、新型コロナウイルス感染症指定感染症となっておりますので、疑い患者含め、指定医療機関での診療となります。

確定診断に必要なPCR検査に関しても、防護服を着た上での検体採取や検体搬送が必要なため、指定医療機関で行う検査となります。

当院では、上記には対応出来ませんのでご了承下さい。

心配な方は、まず、上記 帰国者・接触者相談センターに電話をしていただき指示を仰いで下さい。

 

軽症の場合は自宅にて安静、療養を行いましょう。外出はできるだけ控えて下さい。

 

一般開業医では、通院中の患者さまの健康を守ることが優先されますので、下記対応をさせていただきます。

  • 院内滞在時間の短縮を目指します。
  • 標準予防策を用いて患者さま対応を行います。
  • 当面は予約患者さま中心の診療とします。
  • 発熱のある患者さまや感冒症状のある患者さまの体温測定を行い、可能な限り待合室を分けます。
  • 高齢の方や院内で待つのが心配な方は車中待機自宅待機にて呼び出し対応を行います。
  • 当面、必要時以外は院内至急検査は行わず、外注対応とします。
  • 血糖値やHbA1c、血算に関しては5分ほどで結果が出ますので至急で行います。
  • 生理機能検査 超音波検査(エコー)、心電図、血管年齢検査など も緊急性がない場合、延期とさせていただくこともあります。
  • 院内の新聞や雑誌などは撤去致します。
  • 寒いかもしれませんができるだけ換気対応を行います。
  • 厚生労働省からの指示に従い院長の判断で高齢者の方や安定している方に関しましては、電話再診や代理受診にての処方箋発行も検討します。
    (受診が必要な方もおりますので、すべての患者さまに対応出来るわけではありません。)
  • 柔軟に対応しますので、通院中断や内服の自己中断などなさらないようにしていきましょう。
  • 学校の休校などの影響もあり、当院クルーも不足する可能性がありますが、できる限りの対応を行います。

緊急時ですので、上記、ご了承いただき、御協力宜しくお願い致します。 院長

 

糖尿病で通院中の患者さまへ

  • 免疫力低下を防ぐために、血糖コントロールは重要です。お薬やインスリンの自己中断はしないように注意して下さい。
  • 食事や運動、睡眠など生活習慣を見直しましょう。
  • 喫煙は新型コロナウィルス重症化の危険因子です。この機会に禁煙しましょう。

 

下記、糖尿病学会より(抜粋)

新型コロナウイルス(COVID-19)への対応について (Q&A)

(Q) 糖尿病患者が、新型コロナウイルスに関して気をつけることはありますか

(A) 新型コロナウイルスに罹った場合に、重症化するリスクとして、心疾患や呼吸器疾患に加えて、糖尿病もその一つである可能性がありますが、現時点でははっきりしていません。糖尿病がある方は、一般的な衛生対策に加えて、不要不急の外出を避けることや人混みを避けるなどの注意をすることは、インフルエンザなどの他の感染症対策と同じです。

糖尿病を治療していて、熱が出るなどの際には、血糖値を下げる薬の調整が必要になることがあります。Sick day (シックデイ:体調の悪い日)対策として一般的なことは国立国際医療研究センターの以下のページをご参照ください。

シックデイ(国立国際医療研究センター 糖尿病情報センターHP)

 

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

国立感染症研究所 新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報ページ

日本感染症学会 新型コロナウイルス感染症

日本環境感染学会 新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症への対応について

2020.03.01 : news

初診患者さま向けプリント用問診票初診患者さま向けプリント用問診票

問診票をプリントして持ってきて頂くと、
診察の時間を短縮することができます。

一般内科用
糖尿病用
受付時間・持ち物について
PAGE TOP